「見た目が太っているし、自分は肥満なのかも…」と思ったり、「うちの旦那、健康診断で肥満って指摘されたみたいだけど、肥満って一体どこから肥満なの?」など、肥満って言葉はよく聞くけど、具体的にどんな状態をさすのか知っていますか?

肥満の定義を知ることで、自分のカラダの現実を知っておくこともできますし、これからダイエットをしようと思っている人も、目標設定がしやすくなると思います。

自分自身は「まだまだ大丈夫」と思っていても、具体的な数値や基準を知っていれば、事前に健康に気をつけたり、さまざまな病気を予防することにも繋がります。

このページでは肥満の定義をはじめ、肥満体型の種類、BMIやWHRの計算方法、そして肥満と肥満症との違い、メタボとの違いだけではなく、肥満による病気のリスクなどについてもお話していこうと思います。



肥満とはどんな状態、どういう意味?

肥満とは、見た目が太っているとかどうかだけではなく、”脂肪が体に過剰に蓄積した状態”のことで、世界的に肥満の判定方法として使われているのが「BMI(Body Mass Index、肥満指数)」というものです。

日本肥満学会でも、肥満の状態をBMIを使って診断しています。

BMIの計算方法は…

BMI値=体重kg÷(身長m×身長m)

例えば、身長170cmで体重が70kgの人の場合、70(kg)÷1.7(m)÷1.7(m)=24となります。

この数値が”25以上だと肥満”と定義され、反対に18.5未満は低体重、「22が標準体重」とされています。

肥満にも段階があり、25以上30未満は肥満1度、30以上35未満は肥満2度、35以上40未満は肥満3度、40以上は肥満4度となっています。



ただ、この基準は日本の判定基準であり、国際基準では肥満と定義されるのはBMI30以上ですが、日本の肥満基準がやや厳しい数値なのは、日本人は遺伝子的にインスリンの分泌量が低く、欧米に比べて糖尿病にかかりやすいためです。

「肥満」と「肥満症」の違いは?

次に、肥満症についてです。
肥満症とは肥満だけではなく、肥満によって糖尿病や高血圧などのさまざまなどの病気が現れている場合や、肥満体型の種類が内臓脂肪型肥満の場合に、肥満症とされます。

肥満の人は、この肥満症という病気の可能性が高いそうです。

肥満体型、体脂肪の種類

肥満と一言で言っても、身体への脂肪のつきかたによって、(1)皮下脂肪型肥満と(2)内臓脂肪型肥満の2種類があります。

(1)皮下脂肪型肥満

皮下脂肪型肥満とは、名前にある通り皮下組織に脂肪が貯まる肥満で、洋ナシのようにお尻や太ももなど下半身によく脂肪がつくのが特徴で、「洋ナシ型タイプ」などと言われます。

特に女性に多く、一度カラダにつくとなかなか落ちにくいのが特徴です。

(2)内臓脂肪型肥満

内臓脂肪型肥満は、腹腔内の腸間膜などに脂肪がつき、お腹や腰まわりなどが大きくなるもので、上半身型または「リンゴ型タイプ」と呼ばれることもあります。

こちらのタイプは男性に多く、ビールや炭水化物が好きな人に多いそうです。



体重計などでも体脂肪は測ることが出来ますが、体脂肪では内臓脂肪が多いのか皮下脂肪が多いのかはわからないですし、CTなどでわざわざ内臓脂肪量を測りに行くのも手間ですよね。

簡単にわかる見分け方としては、おなか周りが女性は90cm未満、男性は85cm未満なら「皮下脂肪型肥満・洋ナシ型」、おなか周りが女性は90cm以上、男性は85cm以上なら「内臓脂肪型肥満・リンゴ型」となります。

内臓脂肪をチェックする指標「WHR」

内臓脂肪が蓄積されすぎていないかをチェックする指標に、「WHR(ウエスト/ヒップ比)」というものがあります。

これは内臓があまりないヒップサイズと、ウエストをそれぞれ測ることで、くびれがどのくらいあるのかがわかるもので、体格に関係なく内臓脂肪の量が測れるものです。

WHR=ウエスト÷ヒップの計算方法で、この計算式で出た数値が小さいほど、くびれているということになり、日本人の場合女性なら0.8、男性なら1を超えると内臓脂肪型肥満の可能性があるそうです。

肥満による健康へのリスク

皮下脂肪型肥満と内蔵型肥満のうち、生活習慣病に繋がりやすい肥満は内臓脂肪型肥満だと言われています。

なぜかと言うと、内臓脂肪からはアディポサイトカインという物質が多く分泌されており、なかでも血糖値を上昇させるTNF−αや、血圧を上昇させるアンジオテンシノーゲン、血栓をつくるPAI−1などの悪玉物質が増えてしまいます。




肥満が原因で起こりうる病気について、詳しくお話していきます。

●糖尿病…
TNF−αがインスリンの働きを悪くすることで、細胞にブドウ糖が取り込まれにくくなり、糖尿病になりやすくなります。

●高血圧…
TNF−αが分泌されることによって、インスリンの働きが悪くなり、インスリンの分泌量が増え高血圧になったり、アンジオテンシノーゲンの物質が分泌され、それが血圧を上昇させてします。

●心筋梗塞、脳梗塞…
糖尿病などによって動脈硬化を招き、PAI−1という血栓をつくる物質が分泌され、心筋梗塞や脳梗塞になる可能性があります。

●変形性膝関節症…
膝や腰には体重の約2倍から3倍の重さがかかると言われており、肥満になることで膝関節の軟骨がすり減ったり、筋力の低下などによって関節が変形したり、炎症が起きるものです。

●睡眠時無呼吸症候群…
肥満で首まわりに脂肪がついて気道が狭くなることにより、睡眠無呼吸症候群を招き、十分な睡眠が得られなくなります。

●婦人科系疾患…
肥満になることでテストステロンが上昇すると、卵巣ガンのリスクが高くなったり、閉経後もホルモン濃度が下がらないことで乳がんのリスクも高まるとも言われています。


例えば、同じ体重であっても、脂肪が多いのか筋肉が多いのかによっても違い、見た目の印象でも肥満かそうでないかが変わってきますが、見た目だけではなくカラダについている脂肪の種類によっても注意が必要です。

肥満の人の多くが、運動不足や食べ過ぎが原因であり、皮下脂肪も内臓脂肪も、どちらも運動や食事管理によって脂肪を減らすことが出来ると言われています。

しかし、極端な食事制限だけに頼るような無理なダイエットそのものが、肥満の原因になってしまうので、逆効果となります。

肥満の原因についてはこちら肥満・太る原因はコレ!太っている人に多い生活習慣や特徴!肥満は遺伝するの?肥満改善のポイントへ。

食事制限だけで運動しないでダイエットをすると、筋肉までもが落ちてしまうため、運動を取り入れて筋肉をつけることが重要なのです。
食事管理についてはこちら痩せるためのダイエット中に効果的で正しい食事、食べ物とは?ダイエットにはNGの太る食べ物は?

見た目を変えたいと思っている人だけではなく、病気などのリスクを考えても、筋力をつける運動が必要不可欠ですね。

そういった理にかなっているのが、筋力などをつけて痩せやすいカラダをつくる、ライザップなどのパーソナルトレーニングジムかもしれません。



パーソナルトレーニングジムについてはこちらパーソナルトレーニングジムとは?メリット&デメリット徹底解説!女性こそ通うべき理由へ。