結婚式の花嫁で気になることで、メイクやヘアスタイルなどと共に上位に必ず入るのが「花嫁のスタイル」。

これは自分がお呼ばれ側になったことがある人なら、誰もが思い当たる節があるのではないでしょうか?

多分みなさんが想像しているよりも、はるかに気を抜く時間もなく、たくさんの人に見られ続ける結婚式…。

結婚式は新郎新婦が主役!とは言うものの、実際のところ結婚式は花嫁さんのための式で、その日1日はやることなすこと全てのシーンで注目の的!

一生に一度の晴れの舞台を目前に控え、「結婚式前にダイエットってやっぱりするべきなのかな?しなくてもいいかな?」と迷っている花嫁さんもいると思います。

私も結婚式前にはダイエットをした1人なんですけど、実際に結婚式を終えてみて、「ダイエットはするべきか?」、「するとしたらいつ頃からするべきか?」など、自分の結婚式のリアルな体験談を中心にお話したいと思います。

自分が結婚式をしてみて思ったのは、「実際に結婚式をしないとわからないことってたくさんある!」というのと、「想像とは全然違う」ということ(笑)


そんな私の感想を含め、結婚式を終えた花嫁にしかわからない視点でお話しますね!



結婚式前に花嫁がダイエットをするべき私のリアル体験談

何かとお金がかかる結婚式前。
ダイエットとかしたいとは思うけど、お金もかかるしどうしよう…と悩んでいる女性へ。

「やっぱり綺麗な花嫁さんがいいですよね!」みたいな、誰でも想像つくようなありきたりな理由は述べる必要がないと思うので、私の実体験から全てお話しますね。

ウェディングドレスにも、サイズが合う&合わないがある

結婚式前の準備期間には、式場の提携先などの衣装店に結婚式で着るドレスを選びに行くことになります。

お店の中いっぱいにズラーッと並ぶドレスたちを前に、すっごくワクワクした気落ちを今でも覚えています。

…が、そんなワクワクもつかの間。
ドレスにも、ある程度サイズがあるので、体型によっては着られないものもあるのです。

サイズはピンきりで、それこそ5号など小さいものから、大きめなものまであったりするんですが、バストで合わせたりするので普段の服のサイズ通りではないことが多いんですけど、かなりのぽっちゃり体型の私がまず心配になったのは、「着られるドレスあるのかな…」ってことでした。

衣装店などでは、店員さんがまるでお姫様のように対応してくれるんですけど、たくさんあるドレスの中で、すっごくかわいいドレスが自分の体型のせいで着られなかったりするので、とても悲しい気持ちになりました。

だいたいオシャレでかわいいスラッとしたラインのドレスって、背中がファスナーだったりして(笑)試着してファスナーが閉まらない…とか泣きそうになりますよ(笑)



太っていても着られるドレスはもちろんあって、たいてい背中が編み上げといって紐で調節出来るようになっています。

ですが安心しないでください。

編み上げだからと言っても、太ければ太い分、編み上げで隠れるはずの内側の布部分がすごく開いてしまって、後ろ姿がもうなんともかわいくないことに(笑)

着れたとしても、胸や背中の肉が見事にドレスに乗っかって、「これで人前に出るの?」という悲惨な状態になります。(;・∀・)

うちの旦那さんも、思わず横で「それ小さくない?肉やばいよ」と言って喧嘩になったのを覚えています(笑)

披露宴では隠せるパーツはほぼない

結婚式の花嫁の姿でみなさんが思い浮かべるのは、ウェディングドレスを着て、頭にヴェールをつけて、グローブをはめて…って感じの姿ではないですか?

「なんだ、ほとんどボディライン隠せるじゃん!」と思うかもしれませんが、基本的にヴェールやグローブを着用していてもいいのはチャペルなど挙式だけで、披露宴会場では着用しないのがマナーです。

つまり、どんなにヴェールなどで背中や二の腕を隠したくても、披露宴では隠せるものが何もない!んです。

チャペルでは、神様の前だから肌の露出を抑えるためにつけるものであって、披露宴ではお食事などをする場などで、ルール的には基本的にドレスのみの姿になります。

細めの子でも、ドレスだけとなると背中の肉とかが丸見えなので、「あの子、痩せてるのに背中は結構すごいんだな」とか思われてしまうわけです。

一生残る写真と映像が、思い出になるか黒歴史になるか

私もびっくりしたんですけど、結婚式中って、一瞬のすきもないくらい常にカメラマンが写真撮影&ビデオ撮影をしています。

お肉がはみ出ないように、極力姿勢良く意識しているつもりでも、少し気を抜いた時でも写真は撮られていたりするので、友達が撮影してくれた写真などを後から見て、「うわー、何この二重あご…やばい…」となったり、「すっごくいい写真なのに、自分のはみ肉が絶好調のせいでボツ写真だな」ってなったりするんです。

ケーキカットで、前からカメラマンに写真を撮られていて、お肉お肉!と自分で意識して前からいかにお肉を隠して映るかって考えて写真を撮られたのに、横側から友達が写真を撮っていて、その写真にはギュッとなった二の腕の脂肪がハッキリと捉えられていたり…。

あらゆる角度から自分の脂肪がカメラにおさえられるわけです。

その写真消してほしい…ともなれず、アルバムにされたりして自分の体型が一生残る。(;・∀・)

結婚式の写真って、親や親戚、友達、会社の同僚・上司など全ての繋がりに関係してくるので、すごくいい思い出になるか、自分の黒歴史になるかって、ほんと自分の体型次第だと思います。



特に友達に細い綺麗な子が多いと、友人たちと撮った写真で花嫁が1番太っててかわいくない…なんてことにもなりかねません。

しかも結婚式の写真って、友達が友達へ…親が友達へ…同僚が他の同僚へ…と、お披露目されることも多く、一生のうちの写真で1番多く人に見られる写真だと思います。

スノーで撮った写真は、顔はかわいくできてもカラダのお肉までは修正できないので、自分が変わるしかないのです!

仲良しグループ以外の視線は意外と冷静

花嫁さんの仲良しグループの女の子たちは、「かわいいー!」「おめでとー!」なんて盛り上がれるんですが、正直そんなに関わりのない新郎側の親戚だったり、新郎の会社の人たちの目線って、意外と冷めていたり(笑)

私の親戚の男の子が結婚式を挙げたときの話なんですが、その親戚の花嫁さんがなんともまぁふくよかな体型の女性で。(人のことは言えないけど)
それと反対的に私の親戚は身長もそんなに高くはなく、細い体格の男性で。

新郎新婦が入場しても、「かわいいー!」って声がそんなになく、しまいには「花嫁さんの大きさで、うちの孫の姿が見えないわね…」と私の祖母が言い出す始末で(笑)
それに続いてうちの母親は、「あんまり写真撮ってる子もいないね…」と言うもんだから、もう心の中では、みんなしてやめてあげて!って感じでした。(;・∀・)

新郎さんの体型によっては、横に並ぶ花嫁さんの体型が際立ってしまうので、旦那様が大柄ではない場合、なおさら痩せたほうが見栄えもいいと思いました。



いかがでしたか?

実際に結婚式を終えた私の意見としては、「絶対にダイエットはするべき!」です。
どんなに私みたいに根性のない、意思の弱い女性でも、むしろ一生のうちで1番頑張るべきタイミングです。

すっごく太っているわけではない方も、ちょっとでも二の腕やデコルテ部分のお肉がついている場合、ダイエットは必要です。

自分ではあまり気にしていなくても、自分が普段見えない角度から写真を撮られたりすることで、細く見られている分だけたるんでいる箇所が引き立ってしまいます。

では、結婚式前のダイエットはいつ頃から始めるべきなんでしょうか?

結婚式前の花嫁のダイエットは、いつから始めるべき?

結婚式前のダイエットが、いかに必要かがわかってもらえたと思いますが、では結婚式前のダイエットは、いつ頃から開始するのがベストなのでしょうか?

結論から言うと、結婚式前のダイエットは3ヶ月前から2ヶ月前から開始するのがオススメです。

というのも、遅くても1ヶ月前でもいいと思うんですが、それだと目標体型にならなかった場合に日にち的に余裕がなく、逆に早く取り組みすぎてしまうと自分のモチベーションが維持し続けられない可能性もあるからです。



私の場合、後者の「気合いいれて早く始めすぎて、失敗したタイプ」の人です。(笑)
結婚式の日取りは1年前に決め、実際ダイエットに取り掛かったのは結婚式の半年前。

いろんな人に見られる結婚式は、絶対に痩せたい!と思い、これまでの貯金を使い果たし、ブライダルエステにつぎ込みながら、てっとり早く痩せるために食事を抜くことでダイエットしていました。

極端に食事制限をすることで、スムーズに体重を落としていたんですが、特に運動はしていなかったので、自分が理想とするような体型にはなれず…

食事を抜くなんて生活もやはり長くは続かず、結局のところ食事制限でダイエットが続いたのは最初の2ヶ月だけで、肝心な結婚式前には見事にリバウンド!(;・∀・)

極度なダイエットを早く始めすぎて燃え尽き、1番大事なときをリバウンドした状態で迎えるという悲惨な結果になりました。



結婚式前のダイエットは、私がおすすめしているパーソナルトレーニングジムなどでも、だいたい3ヶ月前から2ヶ月前からのコースが多いと思います。

パーソナルトレーニングジムなんかだと、自分の希望体型や希望の期日に合わせてプログラムを組んでもらえるため、あと何ヶ月で何キロ痩せたい、という要望に応じてもらいやすいです。

結婚式までぎりぎり1ヶ月ほどしかない人でも、パーソナルトレーニングジムならなんとかなるかもしれません。

反対に、結婚式までまだ日にちに余裕がある人は、自分1人でダイエットしていると私みたいに最後までモチベが続かなかったり、肝心なところでリバウンドしてしまったりすることもあるので、気をつけましょう。

ただ、ダイエットにより早く取り掛かれるのは、理想のボディラインを作る上でゆっくりと体質改善がしていけるので、安心です。

いつから開始してもいいけど、最終の衣装合わせに間に合うとベスト

結婚式前のダイエットは、結婚式の日まであまり時間がない人でもパーソナルトレーニングジムなら大丈夫だとは思いますが、劇的に体型を変えたいと思っている女性は、ドレスなど衣装の最終のサイズ合わせの日に間に合うのがベストです。



結婚式前の準備期間には、ウェディングドレスやカラードレス、和装など、新郎新婦が着る衣装のサイズ合わせを、日にちの間隔をあけて数回行います。

実際に選んだ衣装を試着し、バストやウエスト、ドレスの丈など、体型に合わせてドレスが1番綺麗な形になるようある程度サイズ調整を行います。

ライザップなどのパーソナルトレーニングジムに通った女性は、2ヶ月で15kg以上減量に成功している人もいるわけですから、その段階でまだパーソナルトレーニングジムに通ってダイエットしている途中だと、今後さらにサイズが変わって、ドレスがぶかぶかになってしまう可能性があります。

結婚式場のスケジュールによって異なりますが、最終の衣装のサイズ合わせの日までにプレイベートジムでのダイエットが終わっていれば、サイズの大きな変動なく当日が迎えられると思いますよ。

私が調べたところ、ある調査では実際に結婚式前にダイエットに取り組む花嫁さんのうち、ダイエットに成功しているのは全体の7割ほどという結果が出ています。

自分の結婚式というプレッシャーから、「痩せないわけにはいかない」という真剣な気持ちで取り組めるものの、残りの3割の女性は失敗に終わっているということです。

一生に一度の結婚式で、やり直しがきかない日だからこそ、失敗しないためにもパーソナルトレーニングジムのように理想の体型になるまでマンツーマンでサポートしてくれるダイエットをオススメします。

パーソナルトレーニングジムについてはこちら結婚式前のダイエットにパーソナルトレーニングジムのブライダルコースがオススメ?痩身エステとどっちがいい?へ。