長かった妊娠期間と出産という大きな任務を終えて、ここからは赤ちゃんとの新しい生活が始まりますね。

慣れない育児と、妊娠によって崩れた自分の体型にストレスを感じながら、「一体いつになったらこの体重が妊娠前の元の状態に戻るの?!」とそわそわしてしまいますよね。

有名なモデルさんや芸能人などが、産後1、2ヶ月程度で妊娠前の体型に戻せている人もいますが、そんなことがほんとに可能なんでしょうか?

早急に産後ダイエットを始めたいと思っている女性も多いとは思いますが、普通のダイエットとは違い、産後の自分のカラダの変化としっかり向き合いながら慎重に進めていく必要があります。

ここでは、産後どのくらいの期間で体重が元に戻るのかや、どれくらい戻せるのか、ダイエットをするタイミングなどについてもお話していきます。

産後の体重や体調の変化

個人差はありますが、妊娠期間にはだいたい約10kgほどの体重が増加します。

そして、赤ちゃんの体重と羊水や胎盤などの合計で、だいたい4kgから5kgほどが出産によってすぐに落ちると言われています。

なかには出産しても3kgくらいしか体重が減らなかった人や、反対に出産して1週間後の退院時には5、6kgもすでに体重が落ちた人もいるようです。

しかし、出産によって落ちた分以外の残りの体重はというと、自分のカラダに増加したままの体重ということです。

つまり、妊娠中にどれだけ体重が増えたかによって、その分産後に落とさなければならない体重は多くなります。

産後1ヶ月目までの過ごし方

こちらのページ産後太りの原因と、産後ダイエットに効果的な解消法は?運動や食事管理など、注意することは?でもお話していますが、出産をした後に授乳などで体重が落ちると言われていますね。

たくさんの栄養を母乳で赤ちゃんに送っているわけですから、何もしなくても母乳を与えているだけで体重はどんどん落ちるように思うかもしれませんが、実際のところ授乳で1日に消費出来るカロリーは500kcal前後のため、自分の摂取カロリーが消費カロリーよりも多ければ、当然その分太ってしまいます。

しかし、やっと出産を終えて身軽になったからと言ってすぐに運動を始めるのではなく、産後1から2ヶ月の”産褥期(さんじょくき)”と呼ばれる時期は安静にするのが鉄則です。

ぐいぐいと無理矢理に骨盤ベルトで締め付けると、尿もれなど他の病気を招く危険性もあります。

この時期には、無理をしてカラダに負担をかけることでなかなか万全な体調に戻らなかったり、逆に回復までに時間がかかったりもするため、体力の回復を第一に考えるようにしましょう。



とにかく赤ちゃんと一緒にママのカラダも休めてあげることに専念してください。

例えば、胸式呼吸や腹式呼吸、首や腕を回すなどの、「産褥体操」と呼ばれる体力回復に向けたリハビリのようなものは、体調を見ながら無理のない範囲で行っても大丈夫です。

産後1ヶ月目から2ヶ月まで

産後1ヶ月を過ぎたあたりから、毎日の生活に赤ちゃんと一緒に出来るようなエクササイズを取り入れたり、ストレッチなどを少しずつ取り入れていきましょう。

例えば赤ちゃんを抱いたまま軽いスクワットをしたり、赤ちゃんをあやしながら出来るものだといいですね。



出産によって緩んでいた靭帯や骨盤も、この頃から骨盤ベルトなどで矯正をするのがベストです。

緩んでしまった靭帯は、個人差はありますが3ヶ月から6ヶ月ほどでその状態で固まるため、正常な位置に戻さないと歪んだまま固まってしまいます。

ただ、授乳中は過度な食事制限は禁物です。
高カロリーなものは避け、栄養のバランスを考えた食事を心がけましょう。

産後3ヶ月目から6ヶ月目まで

この時期には、育児にも余裕が出てきて気持ちにも時間にも余裕が出て来る頃ですね。

産後ダイエットの絶好な時期というのが、産後3ヶ月から6ヶ月までの間で、この期間であれば、妊娠中についた水分の多い流動性の脂肪は、通常の脂肪と比べてすぐに落ちると言われています。

つまり、産後3ヶ月から6ヶ月までの3ヶ月間が、産後ダイエットで”痩せやすい時期”ということで、「産後いつから運動してもいいのか?」というと、産後3ヶ月目からとなります。



ママたちの中にも、産後4ヶ月目前後で体重が戻ったという人が多いようです。
ただ、体重が減るのと体型が戻るのとは違いますよね。

体重は落ちやすい時期ではありますが、体型に関しては理想とするようなボディラインには自然には戻りません。

体重は減ったのにお尻やお腹はまんまる!、妊娠前のデニムが履けないままなど、戻らない体型に悩むママが多いです。

産後ダイエットで大切なのは、体重を減らすことよりも体型・ボディラインを整えることだと言えます。

無理は禁物ですが、筋トレやウォーキングなど運動を取り入れつつ、痩せやすい時期にしっかりと脂肪にアプローチしていきたいですね。

産後6ヶ月を過ぎて体型が戻っていない場合は?

痩せやすいのが産後3ヶ月から6ヶ月までなら、とっくにそんな時期過ぎてしまった!というママも多いのでは?

育児中は自分のダイエットに時間を使っている余裕がなくて、産後ダイエットの狙い目である半年を過ぎてしまっている場合も、諦めるのはまだ早いです。

カラダについてしまった脂肪を落とすのは大変ですが、出産後3年や5年など何年経っていたとしても痩せることは不可能ではありません

いつまでを産後ダイエットというのか?には、明確に決まりがあるわけではなく、妊娠や出産によって体重が増えて戻らなかったり、体型が崩れてしまって悩んでいる場合は、産後太り・産後ダイエットに該当するでしょう。



また、第一子と第二子の出産でも体重や体型の変化に違いがあります。

初産の場合は正しい産後ダイエットをすれば、体重もすぐ戻りやすいと言われていますが、2人目以降の出産の場合は、1人目の出産の時よりも体重が増えやすく、痩せにくいカラダになっている上に、上の子供がいるために自分のことには余計に手がかけられなくなり、ろくにダイエットも出来ないまま月日が流れてしまった…というママさんも多いかもしれません。

産後ダイエットで理想の体型を手に入れるには?

産後ダイエットで、ただ体重が落ちるだけではなく、理想の体型になりたいと考えている人は、筋力トレーニングがオススメです。

ただ通常のダイエットの時とは異なり、自分のカラダへの負担や体調に配慮した上で、無理なく正しい筋トレをする必要があります。

産後はとてもデリケートで、「これくらいなら大丈夫!」とか「辛くないからもっと回数を増やそう」などの自己判断は禁物です。

筋トレなどの間違ったフォームは、かえって骨盤を痛めてしまったり、カラダに負担をかけてしまったりします。

育児などで手が離せなくて、ダイエットにあまり時間をかけていられない人は、短い時間で結果の出やすい筋トレをする必要があります。

自分で自己流ダイエットをいつまでも続けているよりも、その人その人の体調やペースにあわせてトレーニングプログラムを組んでくれる、「パーソナルトレーニングジム」がオススメです。

パーソナルトレーニングジムのなかには、ライザップのように「ママ専用ライザップ」といって、産後太りに悩む女性向けのライザップもあります。

これについては詳しくはこちら産後ダイエットにもパーソナルトレーニングジムがおすすめ?「ライザップママ」の料金やコース内容、口コミは?でお話していますが、ママ専用ライザップは子供連れでもOKで、これなら自宅から出ることで気分転換になりますし、子供を誰かに預けるストレスなく、楽しんで産後ダイエットが出来そうです。

産後痩せやすい3ヶ月から6ヶ月の間の痩せやすい期間の人は”綺麗な体型”になるために、そして産後半年を過ぎてしまった人は”無駄なく効率的にやせるために”、正しい産後ダイエットをしてみてはいかがでしょう。